トップリフォーム 〜★今日のヒトコト★〜営業アシスタントの山本です。リフォームの現場で感じたことや、リフォーム商品情報・イベント情報などをお伝えしていきます。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
年末の大整理! 17:41
0
    JUGEMテーマ:日記・一般



    先日は年末の 大掃除 の話題でしたが

    今日は年末の 大整理 のお話をしたいと思います ぴかぴか



    よ〜し!年末だからお家を片付けよう!

    と思い立ったとき、みなさんはどこから手を付けますか?




    まずは要らない物を見つけて取り出し、捨てる
             ↓
    残ったモノを、スペースに納めていく


    という手順で行うパターンが多いのでは?と予想できますひらめき




    モノが少ない場合は、
    ↑の片付け方でも十分片付くと思いますが

    モノが多すぎて納めきれていない という場合は

    要らない物を取り出すにもひと苦労 だったりしますよね汗


    このような場合、片付け方の正しい手順は

    全部出す

    使うモノ(そこに必要なモノ)をわける

    △鯒爾瓩



    この方法にすると、驚くほどモノが減ると思いますよウィンク



    じゃあ、
    納めなかったその他のモノはどうなるの?

    というと、

    A.それを使う他の場所に移動する

    B.処分する


    のどちらかになりますYES!

    Aについて
    よく使う場所の近くに収納すると、
    元に戻すのもラクなので
    片付いた状態をキープしやすくなりますよ楽しいぴかぴか



    Bについて
    わかってはいるけど処分するのがなかなかできない・・ という方!

    実は私もそうでしたショック

    が、一段階設けることで
    モノを処分するのがラクになったので
    その方法をお伝えしたいと思います(^^)


    今は使っていないが使うかもしれないので捨てられない
    と思うようなモノを
    透明な袋(スーパーの袋など)にまとめて入れておきますふくろ

    使いたくなったら袋から出せばよいし
    使わないまま生活することができるのであれば
    それは捨てても困らないモノ、ということになりますから
    そのままゴミ袋に入れて捨てることが出来ます グッド


    いきなりゴミ袋に入れて処分するよりは
    “なくても暮らせるじゃん!”
    と実感するためのワンアクションを設けることで
    処分するのが気持ち的にラクになるんですよね 楽しい


    また、透明な袋に入れておけば
    捨てるときもそのまま指定の袋に入れて捨てられるので
    モノを見直す という手間がかからないため
    “見てみたらやっぱり捨てられない・・”
    という状態になるのを防止することができます拍手


    このような方法を取り入れて モノの整理が進んでくると
    ワンアクション設けなくても捨てられるようになってきますよ 嬉しい


    今日は 整理収納アドバイザー 山本 の
    実体験による モノの整理のコツ について
    お話しさせていただきました ニコニコ


    モノは整理できたけど、処分の仕方がわからない・・という方は

     当社新事業 八戸 あんしんサポート村 の方で

    不用品の処分 も承っていますOK

    当社は 八戸市一般廃棄物収集運搬許可業者 となっていますので
    お気軽にお問い合わせくださいね 電話


    トップリフォーム スタッフ一同


    人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ



    にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村



    ◆ 八戸市の住宅リフォーム店 
      トップリフォームのホームページ  →  http://www.topreform.com/
     
    トップリフォームのホームページ
    ◆ 八戸市のあんしん見守り事業
      あんしんサポート村 のホームページ →
      http://toptechno.jp/

    あんしんサポート村のホームページ

    JUGEMテーマ:リフォーム
    | 生活 | comments(0) | - | posted by トップリフォーム 山本 - -
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>