トップリフォーム 〜★今日のヒトコト★〜営業アシスタントの山本です。リフォームの現場で感じたことや、リフォーム商品情報・イベント情報などをお伝えしていきます。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
相見積で見るべきポイントとは? 10:43
0
    JUGEMテーマ:リフォーム

    暑い夏が終わり、少し肌寒い秋になると
    世の中は イベントシーズン になりますね もみじ

    車やさん、ガスやさん、ショッピングセンター・・などなど

    当社のような リフォーム店のイベントも多くなります 家


    工事が伴う【リフォーム】という商品は 相場が分かりにくいので
    何ヶ所かリフォームイベントを回って
    あるいは、チラシやホームページを見てお電話で
    数社に見積依頼をされる方が多いと思います ワッ!


    この“相見積をとる”というのは 大切なことYES!

    数年に一度の大きな買い物です !
    あとあと後悔しないよう 納得のいくリフォーム工事をしてもらいたい!
    ですよね ひらめき


    あとから後悔しないためのポイントとして↓↓

    【相見積の金額】だけを比べないようにしましょう お年玉

    お金を支払うのは工事完了後の1回ですが
    リフォーム後の生活は5年・10年・・と続いていきます カレンダー

    安さにひかれて工事を頼むと
    断熱が入っていなくて寒い、とか
    せっかく水まわりリフォームしたのに配管交換をしなかったので後から漏水してきた、とか
    安いなりの不便・不具合が出てくると思います ニョロ

    100万の工事で後悔する のか
    150万の工事で満足して暮らせる のか
    よーく吟味してから依頼先を決めることをオススメします !

    ただし、その会社が安い理由に納得して依頼する場合は良いと思います。

    なぜ安くできるのか? 
    担当者にしっかり内容を確認して、納得したうえで
    工事を依頼するようにしましょう ひらめき


    「見積書の見方が分からない」という場合(特に【一式工事】で見積記載されている場合)

    【一式工事】の内容について担当者に質問しましょう 聞き耳を立てる

    担当者に質問することで、
    工事の内容をわかって見積を作っているのか
    ただマニュアル通りに見積を作っているのか
    が分かると思います リサイクル

    工事の内容をわかって作られた見積、それを作れる担当者は、
    リフォーム工事で予想される不測の事態を想定できている と思うので
    工事代金の追加の発生がほとんどない と思います OK
    (ただしその会社によって見積計上の仕方が違うので要確認です!)

    マニュアル通りに作られた見積は、その現場の現状に合わせた見積ではないので
    いざ解体してみて、予想より傷んでいた、とか 断熱が入っていなかった、などの場合に
    追加工事代金が発生する か、または 既存のままで納めてしまう、という
    事態になりかねません 危険

    ただ機器が新しくなればいい、というのではなく
    リフォーム後も安心して長く住み続けたい とお考えの方は
    (こちらの方が大多数かと思いますが)
    見えない部分をどう納めるのか、きちんと説明できる担当者に
    工事を依頼することをオススメします 上向き


    以上、相見積で見るべきポイントをいくつかお伝えしましたが
    要は
    自分の叶えたいリフォームを理解してくれる担当者かどうか?
    という点が一番と思います おてんき

    お見積依頼の際には、
    ご自身やご家族の要望を 隠さずしっかり伝えて
    それを理解して 良い提案をしてくれる
    ベストな相性の担当者 を選ぶのが良いと思います グッド

    トップリフォーム スタッフ一同


    人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ



    にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村



    ◆ 八戸市の住宅リフォーム店 
      トップリフォームのホームページ  →  http://www.topreform.com/




    JUGEMテーマ:リフォーム

    | リフォーム | comments(0) | - | posted by トップリフォーム 山本 - -
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>