トップリフォーム 〜★今日のヒトコト★〜営業アシスタントの山本です。リフォームの現場で感じたことや、リフォーム商品情報・イベント情報などをお伝えしていきます。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ちょっと一息☆ 11:05
0
    JUGEMテーマ:リフォーム


    先月下旬より、ひさびさに担当のリフォーム物件を抱えまして、
    現場の方へ通って忙しくしておりました m(__)m


    今回は、対面式キッチンから逆向きのL型キッチンへのリフォームとなったのですが、
    この「L型」を入れる部分、
    右のガスコンロ側は、袖壁付きの入隅、
    左のシンク側は、冷蔵庫置き場として出隅になっている所に、見た目と使いやすさを重視し、
    システムキッチンのフィラー(隙間調整用)をオプションでセットして、
    ほぼキチキチの寸法で発注をかけました ワッ!

    よく、こういうやり方だと手間(金額)がかかる、とか言われる方もいるかもしれませんが、
    私の個人的な考えを申しますと、
    工事をするのは1回ですが、
    その工事した場所、今回であればキッチンは、
    この先、10年・20年・・・と使っていくものです 家

    たった1回の手間を惜しんで、10年・20年・・・と居心地の悪い思いをするよりも、
    やり方として可能なのであれば、できるだけ最善の方法を見つけて、手間がかかってもキレイに納めたい、
    と思うんですよね ポッ

    それによって、例えばTOTAL金額が2万円UP↑したとします ニョロ
    支払の時は2万円安くなってくれたらもちろん嬉しいですよね てれちゃう
    でも、その2万円が10年分の付加価値があるとすると、
    1年間あたり2,000円、1ヶ月あたり約167円、1日あたりだと約5.5円の世界です びっくり

    1日6円弱の負担で、毎日がちょっとでもHAPPYになるとしたら、お得な感じがしませんか おや?ニコニコ


    もちろん、現場の状況で、工期を急ぐとか、補修で済ませたい、というような場合を除いてですけど たらーっ


    そんなわけで、システムキッチンを組立するまでの間、
    何度も現場の様子を見に行っては寸法を確認し、
    ミリ単位のところで、どう納めたらよいか、キッチンパネルをどう貼れば美しく収まるか、etc
    メーカーのショールームに足を運んでどう収まっているかを確認したり、
    その写真を参考に、大工さんと綿密に打ち合わせを重ねた結果、
    完璧に近い状態に納めてくれたなぁと、職人さんたちに感謝せずにはいられない現場となりました わーい


    そして、引出収納でガスコンロ側が入隅になっている場合、
    ガス警報器に引出があたるために良い場所に取付できないこともあったりしますが、
    隙間調整のフィラーを取付けたおかげで、支障なくガスコンロ側の壁の足元に取付することが出来ました ラッキー


    今までと大きく使い勝手が変わってしまうリフォームでしたから、
    慣れるまでは戸惑うこともあるかもしれませんが、
    お客様が、お料理や洗い物、片付けまで楽しんで行うことができるようになればいいなぁ、と
    切に願っております おはな






    人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ



    にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村



    ◆ 八戸市の住宅リフォーム店 
      トップリフォームのホームページ  →  http://www.topreform.com/




    JUGEMテーマ:リフォーム
    | リフォーム | comments(0) | - | posted by トップリフォーム 山本 - -
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>